片山 修の記事一覧

片山 修の記事一覧

中国の自動車市場でのホンダの戦略

昨日、中国の自動車市場が28年ぶりに減少に転じたことについて触れました。とはいえ、中国は年間3000万台近くを販売する世界一の市場であり、日本の自動車メーカーにとって、しっかりと押さえるべき市場であるのは間違いありません。「依然は新規需要が多かったのですが、いまは買い替え需要が伸びてきています。それから、中国市場は、自動車の購買年齢層が20代後半から30代と若い。広告宣伝も、若者向けに力を入れてい...

2019年01月18日 16:03

中国・自動車市場変調、いかに対応するか

中国の自動車市場が変調しています。2018年の新車販売台数は、前年比2.8%減の2808万600台でした。天安門事件の翌1990年以降、28年ぶりに減少に転じたんですね。 中国市場は、リーマン・ショッ...

2019年01月17日 18:22

ユニクロの「エアリズム」を、真冬の日本で買えるのか

ファーストリテイリングが「情報製造小売業」に生まれ変わろうとしています。しかしながら、実際のところは、どうなのか。以下は、真冬にユニクロの「エアリズム」を買いにいった事務所のスタッフから聞いた話です。...

2019年01月16日 08:23

サントリー酒類事業の成否

1月10日、サントリーBWS(Suntory Beer, Wine & Spirits Japan Ltd.)は、都内で国内酒類2019年事業方針記者会見を行いました。冒頭、サントリーBWS代...

2019年01月11日 21:04

航続距離が570キロに伸びた「日産リーフ e+」

1月9日、日産は横浜のグローバル本社で、電気自動車「リーフ」のハイパフォーマンスモデルの追加を発表した。新しく発表された「日産リーフ e+(イープラス)」は、航続距離がJC08モードで従来の400キロ...

2019年01月10日 12:33

自工会の豊田章男会長、「自動車は〝納税産業〟ではない」

「恒久減税を認めていただいたことに感謝したい」――。日本自動車工業会会長の豊田章男氏は20日の定例会見の席上、自動車税の減税が盛り込まれた与党税制改正大綱について、そのように述べました。「日本のユーザ...

2018年12月21日 20:40

ゴーン氏は西川氏をクビにしたかった?

日産元会長のカルロス・ゴーン氏は、今日午後にも、金融商品取引法違反で起訴されると見られています。ゴーン氏逮捕までの経緯については、司法取引があったことは確かですが、ほとんど情報がありません。日産幹部は...

2018年12月10日 13:45

JAL副操縦士の酩酊事件にみる「生活者視点」

11月30日、英国の裁判所は、乗務前の過剰飲酒により10月にロンドン・ヒースロー空港で逮捕・拘束された日本航空(JAL)の副操縦士に対し、禁錮10カ月の実刑判決を言い渡しました。今日はこの「JAL副操...

2018年12月04日 16:27

日産「フォーミュラE」に参戦

日産が、FIA(国際自動車連盟)が主催するフォーミュラE選手権(FE)への参戦を表明したのは、昨年の東京モーターショーでした。先月30日、日産は、そのフォーミュラEの体制を発表しました。開幕戦は12月...

2018年12月03日 19:14

日産ゴーン氏の不正、なぜ見抜けなかったのか

日産前会長のカルロス・ゴーン氏をめぐる事件では、有価証券報告書の役員報酬の過少記載、また、会社資金の不正流用などが問題になっています。有価証券報告書は、本来、その内容を、社内の監査役、あるいは社外の監...

2018年11月30日 17:37

レクサス「UX」は「オジサン車」ではない

トヨタは11月27日、レクサスの新型「UX」を発売しました。「UX」は、トヨタ「C-HR」のプラットフォームを採用した小型SUVです。国内外のSUV人気は、高級車市場でも同じです。レクサスにはすでに、...

2018年11月29日 16:28

ゴーン事件、問われる日本のグローバリズム

ゴーン事件の発生から1週間。事件は複雑化する一方です。解決は容易ではありません。三菱自動車は昨日、臨時取締役会を開き、カルロス・ゴーン氏の会長職を解任し、代表権を外すことを全会一致で決定しました。暫定...

2018年11月27日 18:03

ゴーン氏解任後の日産は、大丈夫なのか?

このたびの“ゴーン騒動”をめぐって、テレビやラジオなどでいろいろ発言しましたが、いま考えていることを少しまとめてみたいと思います。日産は、今日の取締役会で、カルロス・ゴーン氏の会長職と代表取締役、また...

2018年11月22日 15:47

日産カルロス・ゴーン会長、逮捕か!?

まさか?と思いました。衝撃です。日産会長のカルロス・ゴーン氏逮捕へ、のニュースです。ゴーンさんが、金融商品取引法違反の容疑で任意同行されたといいます。有価証券報告書に、自らの報酬について過小報告してい...

2018年11月19日 19:25

日本の宇宙ビジネスは活性化するか

今日、「人工衛星等の打上げ及び人工衛星の管理に関する法律」が施行されました。従来、日本ではJAXA(宇宙航空研究開発機構)と、その業務移管を受けた三菱重工業しか、人工衛星を載せたロケットの打ち上げは認...

2018年11月15日 18:00

パナソニックの「HomeX」は、暮らしをカスタマイズする?

やや旧聞に値しますが、11月2日、パナソニックは、世田谷区駒沢に展示されたモデルハウス「カサートアーバン」で、「HomeX」の説明会を行いました。「カサートアーバン」は、11月3日に発売された都市型の...

2018年11月12日 17:13

マツダ丸本明氏は〝顔〟の見える社長になれるか

企業にとって大切なのは、社長の〝顔〟が見えることではないでしょうか。社長の〝顔〟が見えてこそ、社会の共感を得ることができ、困難を乗り切れるからです。「性格的には飽きっぽい。短気。すぐに答えが出ないとイ...

2018年11月09日 13:35

トヨタ「6000億円原価低減」の波紋

トヨタ自動車の第2四半期決算説明会における、ある発言が波紋を呼んでいます。「6000億円くらい原価低減できれば」という副社長の小林耕士氏の〝サプライズ発言〟です。トヨタは毎年、3000億円規模で製造原...

2018年11月08日 14:36

トヨタ過去最高なのに、なぜ危機感?

トヨタの第2四半期決算は、好業績であるにもかかわらず、説明会はいつもと違って、結構、緊張感がありました。なぜでしょうか。トヨタ自動車が6日発表した、18年4~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比3....

2018年11月07日 20:12

マツダは「困難」を強さに変えられるか

自動車メーカーの第2四半期決算の発表が続いていますが、マツダはどうでしょうか。マツダは10月31日、今期の業績見通しを下方修正すると発表しました。7月の豪雨の影響、為替の前提レートの見直し、品質関連費...

2018年11月06日 17:23

日野自動車、商用車の大変革期を乗り越えられるか

「100年に一度の大変革」といわれる自動車業界で、乗用車と同様に、商用車もビジネスモデルの転換が求められています。日野自動車は、10月30日に第2四半期決算を発表し、同時に2025年に向けた中長期ビジ...

2018年11月05日 16:16

2年連続最高益ソニーの課題は何か

ソニーは先月30日、2019年3月期の連結営業利益見通しを上方修正し、前期比18%増の8700億円と2年連続で過去最高を更新する見通しを発表しました。牽引役は、ゲーム、音楽、画像センサーです。18年4...

2018年11月02日 12:45

パナが「創業100周年イベント」で示した会社の未来像

パナソニックは30日、東京国際フォーラムで「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」と名付けられた記念イベントを開きました。家全体がネットにつながる次世代住宅「ホームX」や、自動運転の「eコミ...

2018年10月30日 18:24

パナソニックは、中国の外食産業をイノベートできるか

パナソニックは、外食産業の現場のソリューション提供に、いよいよ中国市場から切り込みます。10月28日、北京に、中国の火鍋チェーン最大手、海底撈(ハイディーラオインターナショナルホールディングス)の自動...

2018年10月26日 10:04

レクサス新型「ES」の〝アナザー・ストーリー〟

レクサス新型「ES」には、従来のミラーの代わりに、カメラを装備した「電子ミラー」が搭載されています。この「電子ミラー」には、じつは、もう一つのストーリーがあるんですね。トヨタ自動車は24日、レクサス「...

2018年10月25日 07:10

続々・東京モーターフェス2018に見る未来のクルマ

東京モーターフェス2018のレポート最終回です。今年のモーターフェスのハイライトは、自工会会長の豊田章男さんが、ソフトバンク社長の孫正義さんを、トークショーのサプライズゲストとして招いたことでしょう。...

2018年10月22日 16:48

続・東京モーターフェス2018に見る未来のクルマ

今月6日から8日にわたってお台場で開催された、東京モーターフェス2018のレポートの続きです。今回は、自動運転についてです。7日と8日、東京都は、実用化に向けた「最先端の自動運転技術」を周知する目的で...

2018年10月21日 11:21

KYB不正の背景は

また、製造業の不祥事です。油圧機器大手のKYBとその子会社のが、免振・制振装置の性能検査記録データを改ざんしていた。全国で986件の建物に使われているといいますから、他人事ではありません。「制振用オイ...

2018年10月18日 17:48

東京モーターフェス2018に見る未来のクルマ

今月6日から8日にわたって、日本自動車工業会の主催で、東京モーターフェス2018が開催されました。来場者数は3日間で延べ約21万8000人と、前回の2016年開催時の約11万人と比べ、倍近い人で賑わい...

2018年10月17日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。