トランプ大統領がマスコミを敵視する理由 (1/2)
記事

トランプ大統領がマスコミを敵視する理由

1/2

■「フェイクニュースを報道するなら国民の敵だ」

アメリカのトランプ大統領がここまでひどいとは思わなかった。中間選挙から一夜明けた11月7日にホワイトハウスで行われた記者会見のことだ。

日本のテレビニュースでも繰り返し報じられていたが、トランプ氏が自分の気に入らないCNNテレビの記者を責め立て、怒りにまかせて「フェイクニュースを報道するなら国民の敵だ」と非難した。

最高権力を持つ者が、その権力を使って言論を封殺する。これが民主主義国家を代表してきたアメリカの姿なのだろうか。なんとも情けなくなる。

同時にトランプ氏のような大統領がいるアメリカを信頼して強い同盟を結んでいる日本は今後、どう対応していけばいいのだろうかと不安にもなってくる。

ただ、幸いなことに中間選挙の結果、アメリカ議会は上院下院で多数派が異なる「ねじれ」を引き起こした。これでトランプ氏の勢いも、多少は衰えるだろうと思った。

11月7日の記者会見で、トランプ大統領は、CNNの記者から「中南米からの移民集団を侵略者と思うか」と問われ、「侵略者だと考えている」と答えた。(写真=Sipa USA/時事通信フォト)

■ホワイトハウスは質問したCNN記者を出入り禁止に

ところが、そう思った直後に起きたのが、あの記者会見だった。ここでテレビニュースを思い出しながら問題の記者会見を振り返ってみよう。

トランプ氏は選挙戦終盤で中米からの移民集団(移民キャラバン)を「アメリカへの侵略だ」と敵視した。そのことをCNNテレビの記者から問われ、「彼らが役者だと思うのか。彼らはハリウッドから来たのではなく、現実だ」と反論した。

さらにロシア疑惑について質問されると、トランプ氏は「でっち上げだ」と怒鳴り上げ、記者のマイクを取り上げるように指示し、「CNNはあなたを雇っていることを恥に思うべきだ」と罵った。

ホワイトハウスはCNNテレビ記者の記者証を取り消して記者会見への参加を禁止したというが、これも異常なことである。

■「トランプ大統領の攻撃はあまりに行き過ぎていている」

もちろんCNNテレビも負けてはいない。声明を発表して「トランプ大統領の攻撃はあまりに行き過ぎていている。危険であるだけではなく、非国民的だ」と強く批判した。

日本でも記者会見で反論する記者を怒鳴り上げたり、恫喝したりする政治家はいることにはいるが、トランプ氏ほどではいない。

ホワイトハウスの今回の記者会見では、別の記者がトランプ氏のこの態度に抗議する場面もあったが、記者として当然の行為である。

無謀な大統領だからこそ、ホワイトハウスを担当する記者たちがひとつにまとまって強く抗議し、大統領を追及する必要がある。ライバル関係にあっても他社の記者同士が協力し合いながら権力と戦っていくのは、アメリカが生んだジャーナリズムの姿である。

■民主党には「いまこそ、互いに協力すべきだ」と擦り寄り

「ねじれ」を気にしたのか、下院で過半数を獲得した野党の民主党に対し、トランプ氏は記者会見で「いまこそ、互いに協力すべきだ」と経済政策や貿易問題などでの協力を呼びかけた。

なんて身勝手な男だろう。己を利するためにはなりふり構わない。この機会に民主党はトランプ氏の“擦り寄り”の隙を突いてトランプ氏と戦ってほしい。それによってトランプ氏を指示する白人の保守層も目を覚ますのではないか。

だがトランプ氏も抜け目ない。今後、ロシア疑惑や納税問題の追及を民主党が強めるのなら、共和党が過半数を取った上院で、民主党に関する疑惑を調査することを示唆している。

トランプ氏対民主党の戦いの火蓋は切られた。

■「ロシアゲート」をめぐって、司法長官を更迭

ところでロシア疑惑とは、2016年の大統領選挙中に起きたサイバー攻撃などの選挙妨害においてトランプ陣営とロシア関係者の共謀が疑われているもので、ニクソン大統領を失脚させたウオーターゲート事件になぞらえて「ロシアゲート」とも呼ばれる。

このロシア疑惑をめぐってトランプ氏は中間選挙の結果が出ると、すぐに自らに非協力的な司法長官を更迭し、代わりに疑惑の捜査に批判的な司法長官首席補佐官を長官代行に充てた。

民主党に不祥事を追及される前に体制固めを急いだのだ。自らの疑惑を否定するために人事権を行使して捜査を妨害する。ウオーターゲート事件ではワシントンポスト紙がニクソン大統領の陰謀をみごとに暴いた。今回もアメリカのジャーナリズムに大きく期待したい。

■「日本はアメリカを不公平に扱ってきた」

共和党が上院の過半数を制した中間選挙の結果には「1期目の中間選挙としてはケネディ大統領以来の歴史的な快挙だ」とトランプ氏は自画自賛する。下院の敗北には「最初から予想していたことだ」と言い放った。真摯に反省ができない男なのである。

「米国第一主義」を掲げるトランプ氏は、日本に対しては来年から日本と行う物品貿易協定(TAG)交渉に触れ、「非常に低い関税で自動車を何百台も輸出し、アメリカ車は輸入していない。アメリカを不公平に扱ってきた」と批判した。

さらに7日のホワイトハウスでの記者会見では北朝鮮問題についても触れている。トランプ氏は金正恩朝鮮労働党委員長との2回目の会談を「来年初めに行う」と述べた。これまでポンペイオ国務長官らが開催の調整をしていることを明らかにしていたが、トランプ氏自身が話したのは初めてだ。よほど前回の会談が成功し、自分の偉業だと思っているのだろう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    無料ネットサービス依存で支障も

    かさこ

  2. 2

    橋下氏「10年前の大阪に戻すな」

    橋下徹

  3. 3

    飲食業界の禁煙化 食体験改善に

    東龍

  4. 4

    東大医学部が国試で振るわぬ背景

    文春オンライン

  5. 5

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  6. 6

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  7. 7

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    吉野家 並2杯より高い超特盛の謎

    NEWSポストセブン

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。