下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」
記事

下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」

自民党の憲法改正推進本部長の下村博文氏が、野党に対して「職場放棄」と極めて上から目線で述べたことについて、今日、下村氏が衆議院憲法審査会自民党側幹事候補を辞退する、ということを決めたと言われています。

これをもって責任をとったというつもりなのかもしれませんが、私にすれば「それがどうした」という感じ。

なぜならば、自民党の幹事候補だったと言いますが、それは自民党内部の話。国会の中で何ら公式に議論されていることでもないので、内輪のことです。

内輪のことでもって、「ケジメをつけました」と言われても、そもそもこちらが感知していることではありません。

これをもって、ひと区切りだと考えるのは、これまた「上から目線」なことです。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  2. 2

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  6. 6

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  7. 7

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  8. 8

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。