下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」
記事

下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」

自民党の憲法改正推進本部長の下村博文氏が、野党に対して「職場放棄」と極めて上から目線で述べたことについて、今日、下村氏が衆議院憲法審査会自民党側幹事候補を辞退する、ということを決めたと言われています。

これをもって責任をとったというつもりなのかもしれませんが、私にすれば「それがどうした」という感じ。

なぜならば、自民党の幹事候補だったと言いますが、それは自民党内部の話。国会の中で何ら公式に議論されていることでもないので、内輪のことです。

内輪のことでもって、「ケジメをつけました」と言われても、そもそもこちらが感知していることではありません。

これをもって、ひと区切りだと考えるのは、これまた「上から目線」なことです。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への制裁発動の機は熟した

    門田隆将

  2. 2

    再生は無理? 東芝消滅への秒読み

    新潮社フォーサイト

  3. 3

    高須院長 韓国切り捨てる決断を

    NEWSポストセブン

  4. 4

    反韓・反日は両国ジジババの争い

    永江一石

  5. 5

    韓国が日本への配慮を失った背景

    WEDGE Infinity

  6. 6

    IS戦闘員の国籍剥奪した英は傲慢

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    小室さんのNY司法試験 74%が合格

    NEWSポストセブン

  8. 8

    田畑氏告訴で考える性交渉の同意

    AbemaTIMES

  9. 9

    精神科医がゲーム障害に抱く懸念

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    韓国が決行する失業者増やす愚策

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。