トランプ政権に再び更迭の動き、首席補佐官や国土安全保障長官など
記事

トランプ政権に再び更迭の動き、首席補佐官や国土安全保障長官など


[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領が、中間選挙から1週間で再び政権の人事刷新に乗り出した。

政権内部に詳しい複数の関係者によると、ケリー大統領首席補佐官、ニールセン国土安全保障長官、ジンキ内務長官が近いうちに政権を去る可能性が浮上している。

共和党幹部らは混乱を最小限にとどめるためスタッフの解任を控えるよう促しているが、大統領は中間選挙が終了した数時間後にセッションズ司法長官を事実上更迭した。

さらに異例なことに、大統領はメラニア夫人の求めに応じてミラ・リカーデル大統領次席補佐官の解任を検討している。夫人初の単独外遊となったアフリカ訪問の際の対立が理由だという。

ある関係者によると、トランプ大統領はニールセン国土安全保障長官の解任に傾いている。ニールセン氏はケリー氏の大統領首席補佐官就任を受けて後任として国土安全保障長官に就いたが、大統領は両者を更迭する見込み。

ジンキ内務長官は、高額な出張費など複数の問題を巡り司法省の捜査対象となっていた。同長官は今週山火事に見舞われたカリフォルニア州を訪れる予定で、大統領の決断は来週以降になる見込み。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への制裁発動の機は熟した

    門田隆将

  2. 2

    再生は無理? 東芝消滅への秒読み

    新潮社フォーサイト

  3. 3

    高須院長 韓国切り捨てる決断を

    NEWSポストセブン

  4. 4

    反韓・反日は両国ジジババの争い

    永江一石

  5. 5

    韓国が日本への配慮を失った背景

    WEDGE Infinity

  6. 6

    小室さんのNY司法試験 74%が合格

    NEWSポストセブン

  7. 7

    IS戦闘員の国籍剥奪した英は傲慢

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  8. 8

    田畑氏告訴で考える性交渉の同意

    AbemaTIMES

  9. 9

    精神科医がゲーム障害に抱く懸念

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    韓国が決行する失業者増やす愚策

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。