税の無駄遣い 会計検査院報告
記事

税の無駄遣い 会計検査院報告

先週9日に、会計検査院は、官庁や政府出資法人を調べた2017年度決算検査報告を安倍首相に提出しました。税金の無駄遣いの指摘や、制度の改善を求めたものは374件、総額1156億9880万円で、件数としては過去最低、総額も2番目に少なかった、と報じられています。件数も総額も減っているのは、当然ながらよいことではありますが、しっかりチェックの目を光らせる必要があることは、言うまでもありません。

この報告の中には、10月に公表した2020年東京五輪・パラリンピック関連の検査結果も含まれていて、国の支出額を直近の5年間で約8011億円と算出しました。検査院は、複数の省庁にまたがる事業のチェックを重視した、とのこと。五輪については、大会組織委員会が昨年12月に、経費総額を約1兆3500億円、うち国の負担分を約1500億円としましたが、大きく上回っています。組織委員会や東京都の負担分を合わせると総額3兆円に達する可能性があり、会計検査院は精査を求めました。国会答弁で、書かれている答弁書さえ、まともに読めない桜田五輪担当相で大丈夫なのか心配になります。

また、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省の決済文書改ざんを受けて始まった再検査は継続中、ということです。こちらも、しっかいやってもらいたいと思います。

防衛関連では、航空自衛隊千歳基地や横田基地周辺で、騒音対策の緩衝地帯の管理が不十分で、近隣住民が菜園などに利用している実態が明らかになりました。陸上自衛隊が、戦車や火器の修理費を算出する際に、計約3億2千万円相当の部品を、まだ使える状態なのに、使用不能と判定していたことも報告されています。

農地を守るために堤防や護岸堤が整備された海岸318ヶ所を調べたところ、青森、三重、香川、愛媛、佐賀の5県の21ヶ所では、農地だった場所が農地ではなくなっていたり、荒れて耕作ができない状態になっていました。

国の重要文化財については、観光客などが出入りする建造物で耐震性に「疑義あり」とされた423棟のうち373棟で耐震診断を受けていませんでした。また、耐震診断で「性能不足」と判断されたのに、1年以上経過しても耐震補強されていない文化財が、軽井沢にある「旧三笠ホテル」など5棟ありました。

こうした会計検査院の検査報告は、日頃私たちが気付くことが難しい、税金の無駄遣いを指摘してくれるので、しっかりやってほしいと思います。

あわせて読みたい

「税金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    韓国、日本の北制裁「生ぬるい」

    ロイター

  6. 6

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  7. 7

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    教員からのパワハラ 相談窓口を

    BLOGOS編集部

  10. 10

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。